ID : 15545
公開日 : 2010年 3月31日
タイトル
帯広の森からエコ発信 「はぐくーむ」3日オープン
.
新聞名
十勝毎日新聞
.
元URL.
http://www.tokachi.co.jp/news/201003/20100329-0004851.php
.
元urltop:
.
写真:
 
.
「帯広の森・はぐくーむ」(帯広市南町南9線)が4月3日にオープンする。帯広の森の管理育成・情報発信の拠点で、間伐材からペレットを作り暖房燃料を自給、太陽光パネル発電も導入し環境に配慮した。
 帯広市が約2億3000万円で整備した。木造平屋、364平方メートル。多目的室(2室)などを備える。ペレットストーブ6台とまきストーブ1台を配備、屋根に設置した太陽光発電パネル(15キロワット)の電力を照明に利用する。ペレット工房を併設、帯広の森や街路樹の間伐材からペレット燃料を加工する。
 ペレット工房には粉砕機や加工機械を設置。加工量は年間6トンを想定している。加工の過程は来場者も見学でき、市は「循環型社会を理解する場にしたい」と話す。
 3日午前10時にオープニングセレモニーを開催。3、4日の午後2時からペレット工房見学会、4日午前10時から木工体験を開く。3日から25日までは「帯広の森歴史展」(パネル展)を開き、過去の植樹祭、育樹祭の写真などを展示する。
 午前9時?午後5時(4月29日?10月31日は午後7時まで)。月曜休館。問い合わせは、はぐくーむ(0155?66?6200、4月1日以降)へ。