ID : 15552
公開日 : 2010年 3月29日
タイトル
大建工業、MDF原料確保に向け地元製材所に原木供給へ
.
新聞名
マレーシアナビ
.
元URL.
http://www.malaysia-navi.jp/news/100329071209.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
大建工業は、サラワク州の自社アカシア林で栽培した木材について、2年後をメドに地元製材所への供給を開始する方針だ。大建工業は2億米ドルを投じてビントゥルとミリに中質繊維板(MDF)製造工場を設立しており、原料(木くず)の80%を地元製材所から、残り20%を合板工場から調達している。 MDF製造工場への原料の安定供給を図るのが狙いで、すでに製材所数カ所と交渉を始めている。大建工業は、将来的な原料不足を見込んで原料自給を計画、700万米ドルを投資してビントゥルの約3,000ヘクタールの土地にアカシアを植林した。1?2年でさらに2,000ヘクタールで植林を実施する予定だ。 2カ所のMDF工場はフル稼働しており、それぞれの生産能力は月間1万立方メートル。製造されたMDFの80%が日本向けに、また15%がアジア諸国に輸出されており、5%はマレーシア国内市場向けとなっている。