ID : 15554
公開日 : 2010年 3月31日
タイトル
住宅に県産材利用を 全国初のエコポイントスタート
.
新聞名
陸奥新報
.
元URL.
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2010/03/10853.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
スギなどの県産材を住宅に使うとエコポイントが発行され、県産材の家具などと交換できる全国初の「県産材エコポイント」制度が、4月1日からスタートする。県産材の利用を拡大させて地球温暖化防止に貢献するとともに、木材の地産地消体制を構築する狙いだ。 県産材を新築住宅で25立方メートル以上か80%以上、リフォームでは1立方メートル以上使用した場合、1立方メートル当たり1ポイント(7000円相当)が県産材認証推進協議会から発行される。4月1日以降に着工した県内住宅が対象で、県産材の半分以上をスギ材にする必要がある。 同協議会に県産材認証申請をした施工主は、県産材エコポイントを利用し、住宅の内装に合った家具や建具を発注できる。上限は30ポイント(21万円相当)で、交換商品の申請期限は来年3月15日まで。 県林政課は「木材1立方メートル当たりに固定される二酸化炭素量は0.58トン。火力発電所が排出する、同量の二酸化炭素の回収コストは約7000円」とポイント設定の考え方を説明。1年間に400戸の新築住宅で同制度が活用された場合、二酸化炭素の削減量は7600トンに上るという。 同課は「県産材の多くは県外へ運ばれるが、地元で使う方が二酸化炭素の排出量が少ない」と環境への貢献度を指摘する。また「県産材は価格が高いというイメージを持たれがちだが、輸入の外材と比較しても同程度」と話す。 県産材認証推進協議会事務局は「地元の木は地元の風土に最も適している」と意義を強調する一方、「不況で住宅新規着工率が減り、県内の業者は経営が厳しい。県産材を地元で消費する流れをつくり活性化につなげたい」と期待を込める。