ID : 15558
公開日 : 2010年 4月 1日
タイトル
県独自のカーボンオフセット きょうスタート 
.
新聞名
MSN産経
.
元URL.
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tochigi/100401/tcg1004010232000-n1.htm
.
元urltop:
.
写真:
 
.
栃木県は1日から、地球温暖化防止対策として、「とちぎカーボンオフセット」を始める。県が独自に企業などの取り組みを評価することで、民間にも地球温暖化対策を進めてもらおうという狙いだ。 カーボンオフセットは、企業や個人が排出するCO2で削減できなかった分を、植林や自然エネルギーの利用などで相殺する仕組み。 「とちぎカーボンオフセット」は、植栽による森づくりや化石燃料の代替品である「森林バイオマス燃料」の活用、自然エネルギーを使ったグリーン電力の購入といった活動に対して、県独自の基準でCO2削減量を算定し、認証する。 森づくりに特化してCO2削減量を認証する制度は18道府県に広がっているが、森林バイオマス燃料の活用やグリーン電力購入を組み合わせた制度の制定は全国で初めてという。