ID : 15588
公開日 : 2010年 4月 2日
タイトル
震災復興の感謝込め 能登各地 マツ植林キャンペーン
.
新聞名
中日新聞
.
元URL.
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20100322/CK2010032202000180.html
.
元urltop:
.
写真:
  写真が掲載されていました
.
大きくなって防風林に 輪島 能登半島地震からの復興を全国にアピールする「能登 未来の観光地づくり~マツの植林キャンペーン」(ほっと石川観光キャンペーン実行委能登部会など主催)が二十一日、能登各地であり、復興支援に対する感謝の気持ちと能登の未来をマツの木の成長に託した。二十六日に行う珠洲市を合わせて四市五町で植林する。 ○…輪島市では、仮設住宅が建っていた門前町道下の諸岡健康増進広場で行い、門前西小学校の児童や市内小学生の緑の少年団がボランティアのフォレストサポーターとともに三百本のクロマツの苗木を植えた。 小田禎彦能登半島広域観光協会理事長や梶文秋市長らが児童に苗木を手渡した。道下区の泉靖郎区長は「皆さんの支援でここまでこられた。地震の教訓を忘れずにいたい」と感謝した。 復興支援に感謝して広場に設けた木造の遊歩道「絆(きずな)の木道」がさらに延びる場所を選び、約二百メートルの長さに二十~六十センチの苗木を植えた。同市三井小五年の瀬戸つづらさんは「今は小さいけど、大きく育って防風林としてみんなを守ってほしい」と話していた。 強風のためアトラクションは中止となったが、富山県高岡市を中心に同県西部の教諭や親子でつくる「大空へ飛べ」のメンバーが駆けつけて応援歌を歌い、寒さに震えながら参加した人たちに心を温かくする歌声を届けた。婦人会によるアルファ米と豚汁の炊き出しもあった。