ID : 15596
公開日 : 2010年 4月 2日
タイトル
秋田スギ「ほぼ100%」の家
.
新聞名
読売新聞
.
元URL.
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20100403-OYT8T00079.htm
.
元urltop:
.
写真:
  写真が掲載されていました
.
製材所経営者らが住宅会社を設立
秋田スギの厚板をふんだんに使い、大工の技術を駆使していると説明する竹内社長(左) 秋田スギほぼ100%の木造住宅を建築する会社「こうこうの家」を、大仙市の製材所経営者と大工の3人が設立した。化学建材をほとんど使わないため体にやさしいほか、秋田スギをふんだんに使うことによる県内林業の振興と大工の技の継承を目指している。
 大仙市で製材所を経営する竹内靖浩さん、大工の高橋浄二さん、同じく大工の萩原静夫さんが設立した。「こうこうの家」とは、健康に孝行、環境に孝行することを意味する。
 秋田スギの無垢(むく)材にこだわった家づくりが最大の特徴。「落とし板構法」と呼ばれる伝統的な方法を用い、6センチの秋田スギの厚板を使った丈夫な壁をつくる。床や屋根にもスギの厚板を張って、頑丈な住宅にする。
 化学建材は外壁に最小限使うだけ。建材に占める秋田スギの割合は、大仙市に建てた住宅では97%に達した。秋田スギは断熱性も優れているという。社長を務める竹内さんは「木は生きており、家が呼吸している。健康にも良い究極のエコ住宅」と胸を張る。
 もう一つの狙いは、秋田スギの地産地消による地域活性化だ。高橋さんは「このままでは秋田の林業は衰退し、職人もいなくなる。人材育成に力を入れたい」と意気込む。萩原さんも「スギの植林や伐採を実際に見てもらうツアーも行いたい」と話している。
 秋田スギをぜいたくに使うことになるが、建築費は大手住宅メーカーの一般的な住宅に比べ、若干高いところにまで抑えた。まず秋田スギの魅力をPRしたいとしている。問い合わせは、こうこうの家(0187・63・5130)。