ID : 15795
公開日 : 2010年 4月19日
タイトル
迷えるはげ山 植林したいが 採算合わない
.
新聞名
中日新聞
.
元URL.
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2010041902000095.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
伐採されたまま植林されない人工林が全国的に問題になっている。木材価格低迷で、再植林をためらう山の所有者が多いためだ。現状を打開しようと、林野庁が進める施策の一つが、人工林を広葉樹の森に変えていく「天然更新」。放置されたはげ山は、狙い通り森に生まれ変われるだろうか。 (市川真) 直径五十センチを超す大きな切り株が斜面に連なり、墓標が立ち並ぶ巨大墓地に見えた。美林で有名な三重県熊野市。二年前、約八ヘクタールの山林がすべて切られ、はげ山に。そのまま植林はされず、急斜面では土が流れ出している。山の所有者は「植林には金がかかるから、どうするか迷っている」と言葉少なだ。 この山のさらに奥地には、一カ所としては同県最大となる十二ヘクタールのはげ山も。和歌山県内の木材会社が四年前に伐採し、そのまま放置。現在は林道も崩壊し、近づくのも容易でない。「植林したいのはやまやまだが、あの奥地では採算が合わない。何年かしたら、自然に樹木が生えてくるのでは」。人ごとのように話す同社の社長は「所有者から山ごと買ってくれと依頼された。うちとしても欲しい材があったので…」と言葉を濁す。     ◇ 三重県南部では、樹木を残らず伐採する皆伐が今も一般的。土砂流出の恐れがあるなど環境への影響が大きく、林野庁などは一部の木を残す伐採方法を勧めているものの、同社長は「採算のためには皆伐せざるを得ない」と譲らない。 一帯は険しく、林道整備が遅れている地域。丸太運搬用の簡易リフト設置費用を回収するには、採算が取れる皆伐が必要との主張だ。近年ではシカの食害も拡大。苗を植えて約十年間は、侵入防止ネットで囲う必要があることも、植林をためらわせる理由だ。今年三月の木材価格は、最も高かった一九八〇年に比べ、スギ、ヒノキとも三割弱まで下落。補助金を得て植林しても、将来回収できる見込みが立たないことが山の所有者の意欲減退を招いている。 世代交代で、山への関心が薄れたという指摘も。同市の紀南森林組合参事、前貞憲さんは十年ほど前から「山をこうてくれる人おらんか」という声を、山の所有者からよく聞くようになった。自分の山がどこにあるのか知らない息子世代も多い。「固定資産税もかかるし、処分した方がスッキリするという感覚。山への愛着は全くない」と前さんは嘆く。