ID : 1853
公開日 : 2006年 10月17日
タイトル
良質木材生産を 県内山林所有者ら枝打ち、間伐学ぶ
.
新聞名
日本海新聞
.
元URL.
http://www.nnn.co.jp/news/061017/20061017005.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
県中部の山林所有者を対象にした「枝打ち・間伐講習会」が十四、十五の両日、中部地区四カ所の山林で開かれた。
 枝打ちと間伐は、日当たりを良くして、木を大きく、真っ直ぐ成長させるための作業。良質な木材を生産しようと、鳥取県中部森林組合(森下洋一組合長)が講習会を開催した。
 このうち、三朝町下谷の山林で開かれた講習会には、地元から約八十人が参加した。講師の本谷孝さんが、樹齢二十四年のヒノキに登り、手際良く枝打ちを実演。参加者ら、木の幹に傷をつけないように作業する方法などを学んでいた。
 同組合は、二十九日に倉吉市駄経寺町の倉吉未来中心・大御堂廃寺跡で開催する「第五回山の祭り」(新日本海新聞社特別後援)の一環として、小学四-六年生とその保護者を対象にした「枝打・間伐体験」も行う。「一般の方にも山の働きについて知ってもらうきっかけになれば」と期待している。