ID : 1888
公開日 : 2006年 10月20日
タイトル
屋久島森林管理署 杉人工林材を島外初出荷
.
新聞名
南日本新聞
.
元URL.
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=863
.
元urltop:
.
写真:
 
.
屋久島森林管理署(屋久町)は24日、屋久島の国有林で生産された杉人工林材を初めて島外に出荷する。屋久島の人工林材は計画的に利用間伐することで現在の10倍、年間約1万立方メートルの出荷が見込めるだけに、今回の出荷にかける関係者の期待は大きい。 屋久島には屋久杉の自生する天然林のほか、国有林、民有林合わせて1万1000ヘクタールの人工林が造成されており、資源的に成熟期を迎えつつある。しかし島外への木材出荷はコスト的に厳しく、島内の需要は年間1000立方メートルと限られているため、島外の大口需要先を開拓することが課題となっている。 そこで年間を通じて定量、定質、安定価格で販売するシステムを構築したほか、斜面の上下に沿って列ごとに間伐する「列状間伐」を導入することでコストを低減。集成材や合板の材料などとして、新栄合板工業(熊本県水俣市)に1立方メートル当たり1万円で、800立方メートルを販売する契約を結んだ。 今回出荷するのは40年から47年生の間伐材400立方メートルで、曲がり具合(矢高)は10センチ以内。同管理署は「価格面で難しさもあるが、今回の出荷を通じて屋久島の人工林材の評価を高め、民有林を含む島外出荷の可能性を探りたい」と話している。 同日は午前10時から同管理署貯木土場で第一船の出発式典がある。出荷に先立ち、熊毛流域森林林業活性化センターなどは23日午後1時から屋久町安房総合センターで、国産材をめぐる需給動向や今後の可能性を探るシンポジウムを開く。無料。詳しいことは同管理署=0997(46)2111。