ID : 2003
公開日 : 2006年 11月 7日
タイトル
里山の自然環境を知ろう 亀岡・青野小児童が林業体験
.
新聞名
京都新聞
.
元URL.
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006110700159&genre=F1&area=K40
.
元urltop:
.
写真:
 
.
林業体験を通じて地元の里山の自然環境を身をもって知ろうと、青野小(京都府亀岡市宮前町)の児童たちが7日、同町の亀岡市交流会館裏の山林で、山を管理する地元住民や里山ボランティアらと一緒に間伐作業や植樹に取り組んだ。
 山林は神前財産区が管理しており、行政と地元、ボランティアなどが一体となって森林整備のあり方について考える府の「豊かな緑を守る条例」の重点地域に設定される予定。今回の学習は、地元の児童たちに森を守る意識を高めてもらおうと、府南丹広域振興局が参加を呼びかけた。
 作業には5年生26人が参加した。児童たちは地元住民やボランティアらの手を借りながら、山の頂上にコブシの木を植樹したり、間伐を体験。のこぎりを片手に「木の香りがする」「堅くて切るのが大変」と口にしながら、作業を進めた。
 間伐した木を山の外へ運び出した児童たちは「山には普段入らないけど、写真や絵で見るのと違って、木の堅さや自然の香りを実感できた」と話していた。