ID : 2016
公開日 : 2006年 11月 8日
タイトル
国内初、官民共同の森林保全組織 京都モデルフォレスト協会設立総会
.
新聞名
京都新聞
.
元URL.
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006110800132&genre=A2&area=K10
.
元urltop:
.
写真:
 
.
企業とボランティア、行政が連携して森林保全の人手集めや資金協力に取り組む「京都モデルフォレスト協会」の設立総会が8日、京都市下京区のホテルで開かれた。府内の自治体や経済、労働など約100団体の関係者が出席し、活動計画などを決めた。
 府などが呼びかけ、都道府県レベルでは国内初となる官民共同の森林保全組織として設立した。
 理事長に選ばれた柏原康夫・京都銀行頭取は「府民の共有財産である森林の保全を、企業と府民の協力で進めたい。木材、山がビジネスとして自立できるよう活動を発展させたい」とあいさつした。
 2006、07年度の事業として、間伐や下刈りなど森林保全に取り組みたい企業や団体と、山の所有者を引き合わせる情報提供に取り組む。本年度中に府内の4、5カ所で保全活動を行う予定。
 資金協力の仕組みでは新たに「森林づくり基金」を設け、企業や府民から年間5000万円(本年度は2000万円)を目標に寄付を募り、森林整備や案内板設置、環境教育の取り組みに助成する。
 また、これまで府森と緑の公社(上京区)が行ってきた「緑の募金」を受け継ぎ、小中学校での植樹事業への支援を進める。