ID : 2118
公開日 : 2006年 11月20日
タイトル
ドイツのグリーンツーリズムじっくり体験 森林の楽校ドイツ里山編
.
新聞名
EICネット
.
元URL.
http://www.eic.or.jp/event/?act=view&serial=10779&category=
.
元urltop:
.
写真:
 
.
環境にやさしい国づくりを進めるドイツ。ドイツ政府は2020年までに総電力消費量に占める再生可能エネルギー(風力,水力,バイオマス,太陽光)の割合を20%に引き上げ、これによってCO2の排出量を40%削減することを目標に掲げています。そのドイツ、黒い森地方(シュバルツバルト)は、昔ながらの人々の生活に、再生可能エネルギーを取り入れながら、自然と人間が調和して生きる、持続可能な街づくりの教科書として、世界の注目を浴びている地域です。黒い森の里山やワインの里などに滞在し、自然と人間のかかわりを考えます。森林資源の保護活用やバイオマス利用、エコ住宅等を訪問して、先進と言われるドイツの現状を視察し、人々の取組みを学びましょう。またドイツ黒い森地方では、民宿(ガストホフ)に宿泊しながら、農家民宿制度や自治体が取り組む持続可能なツーリズムを学びます。自然を満喫しながら「持続可能な社会」について学ぶ8日間の旅。是非ご参加ください。