ID : 2433
公開日 : 2007年 1月10日
タイトル
米デル、カーボンニュートラルなコンピューターを実現する環境保護プログラムを発表
.
新聞名
日経プレスリリース
.
元URL.
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=149763&lindID=1
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 デル社の会長であるマイケル・デルは、本日、コンピュータの使用時に必要な電力を作り出す際に大気中に排出される二酸化炭素による環境への影響を、二酸化炭素を吸収する森林を保護するための植林を行うことによって実質的に相殺する(=カーボンニュートラル)、グローバル規模の環境保護プログラムを発表しました。この種のプログラムとしては業界初となる、「プラント・ア・ツリー・フォー・ミー(”Plant a Tree for Me”=私のために植林して)」は、環境保護に向けた継続的な管理責任を果たすという、同社のコミットメントを表すものです。
 「お客様の満足経験は、お客様が製品やサービスの最高の価値を手に入れることから始まり、製品のライフサイクルを通じて、私たちとお客様が環境保護に向けて協力することによって続いていきます。『プラント・ア・ツリー・フォー・ミー』のようなプログラムや、私たちのグローバル規模のリサイクルへの取り組みは、社会に良い影響を及ぼすための活動に参加したいというお客様にとって良い機会となるでしょう。テクノロジー業界の他の企業も、私たち全員が共有している地球の環境保護に向けた取り組みに共に参加することを願っています」とマイケル・デルは述べています。