ID : 2529
公開日 : 2007年 1月21日
タイトル
青森・眺望山、森林景観モデルに
.
新聞名
東奥日報
.
元URL.
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20070121143210.asp
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 青森市北部にある眺望山周辺の自然休養林が、「地域に根ざした文化的な森林景観」のモデル地区として本年度の林野庁の調査事業に選ばれた。20日には、同市沖館市民センターで専門家と市民の意見交換会が開かれ、今後の整備や活用方法を話し合った。
 周辺に良質のヒバ林が広がる眺望山は、標高が標高一四三メートルと低く遊歩道も平たんで、青森市街地から近いことからハイキングなどに利用されている。
 同事業ではこれまで、専門家九人でつくる検討委員会(委員長・藤田均青森大学大学院教授)が、眺望山の価値を高める方法を検討するとともに、市民が現地を見学してきた。
 約二十五人が参加した意見交換会では、景観向上のための間伐の在り方や、歩道の整備方法、トイレや展望台など一部老朽化した施設の整備、利用者の誘導や案内などについて意見を出し合った。
 検討委員会は、今回の意見やこれまでの検討結果をまとめ、三月に事例集を作成。青森森林管理署が今後の施策に生かす。