ID : 2534
公開日 : 2007年 1月22日
タイトル
中学生が里山整備の取り組み発表 松本の防災シンポ
.
新聞名
信濃毎日新聞
.
元URL.
http://www.shinmai.co.jp/news/20070122/KT070121GCI090004000022.htm
.
元urltop:
.
写真:
 
.
国土交通省松本砂防事務所(松本市)と松本市などは21日、「防災とボランティアの日」シンポジウムを同市深志のまつもと市民芸術館で開いた。総合学習で里山整備に取り組んでいる同市立明善中学校の生徒が「山を守ることで、ふもとの人の生活を守ることができる」などと、約1年かけて学んだことを発表した。
 明善中は2004年度から毎年、里山整備について学ぶ時間を設けている。本年度は3年生29人が、地元のボランティアグループ「寿さと山くらぶ」の指導を受け、学校近くの民有林で植林や間伐作業を体験。インターネットや本で全国の森林の現状や森林整備の意義などを調べてきた。
 この日は、藤原柚葉さん(15)と河野叶さん(14)がスライドを使って授業内容を紹介。森林に災害を防ぐ保水力があるとされることを踏まえ、「自分たちが授業で植えた木が早く大きくなって、(自然災害を防ぐなどの)機能を果たしてほしい」と期待を語った。
 中学生の発表に先立ち、自然災害の専門家らが講演。昨年7月の豪雨災害被災地の岡谷市に入って研究を続ける平松晋也・信大農学部教授(砂防学)は「樹木の根の先より深い場所で土砂が動くこともあり、森林の力は万能ではない」と指摘。同市花岡区長は「周囲の自然環境に異常を感じたら、すぐに避難するなど、自分の身は自分で守るという発想が必要だ」と強調した。
 シンポは阪神大震災の起きた1月17日に合わせて開かれており、今回で10回目。松本市を中心に約200人が集まった。