ID : 2648
公開日 : 2007年 2月 3日
タイトル
伊那谷炭々隊が炭材づくり
.
新聞名
伊那毎日新聞
.
元URL.
http://inamai.com/news.php?c=shakai&i=200702021300060000017339
.
元urltop:
.
写真:
 
.
地域の森の健康を願い、森林整備や間伐材の有効利用などに取り組む特定非営利活動法人森の座はこのほど、間伐材の有効利用の一環「伊那谷炭々隊(いなだにすみずみたい)」活動で、南箕輪村内の森で間伐をして炭材づくりをした。
 森の座は05年11月発足。会員は県内外の13人。
 長野県コモンズ支援金事業として「伊那谷炭々隊」活動を始めた。伊那谷の森林整備で出た間伐材の有効利用を目的に、山の手入れが進むことを目指している。
 支援金で炭材を割ることができる薪割り機を購入。地域で間伐材の有効利用を目的に炭窯を作って活動する仲間とネットワークを組み、その炭窯に森の座が間伐材を持ち込み、炭に焼いてもらっている。
 作業には会員、一般合わせて6人が参加。炭窯に詰める一回分の炭材を作った。
 森の座では、「炭を非常時の燃料や床下の除湿剤など日常的に使うことで地域の森を感じることができる」とし、今後、地域産の炭を地域産の間伐剤を利用した箱に入れて販売するという。