ID : 2925
公開日 : 2007年 3月 2日
タイトル
飯能市 西川材生産に重機
.
新聞名
埼玉新聞
.
元URL.
http://www.saitama-np.co.jp/news03/02/16l.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
飯能やその周辺地域のスギやヒノキ材(総称・西川材)の価格と供給量の安定を図るため、飯能市は新年度から「西川材生産事業」に乗り出す。同市は西川材使用住宅への補助事業などを推進しているが、木材価格が低迷しているため低コストの生産体制が課題になっている。同事業では高性能林業機械システムの定着で、安定供給を目指す。
 同事業の目玉である高性能林業機械システムは、枝打ちや集材に専用重機を導入。重機を所有する西川広域森林組合への委託費などの予算九百万円を計上する。
 本年度は重機の講習会を計九十時間開催した。森林組合の作業班など約二十人が受講し、新年度からシステムを本格導入する。
 重機を使えば、伐採された木材をウインチで引っ張ることができ、枝打ちや適度な長さに裁断する作業が短時間、少人数で済むため、増産に加え、人件費の抑制につながるという。
 同市によると、一平方メートル(三メートル材約十本)の価格は一万二千円ほど。人件費などの経費がかさむと、伐採、搬出だけで収支が合わなくなるという。重機導入で市は経費を七~八千円に抑えたい考え。当面は市有林で試行し、効果があれば私有林にも広げていく。
 現在、出荷時期を迎えている西川材は戦後間もなく植林された。しかし、安い輸入材にシェアを占められ、木材を使わない住宅建築の普及などさまざまな要因で木材価格は低迷。林業の担い手不足から森林利用が進まず、安定供給や価格に影響を及ぼしているという。
 同市は西川材使用住宅補助のほか、西川材フェアをバックアップするなど支援策に取り組んでいる。新年度には西川材を商標登録する。年輪幅が小さいため割れにくく、建材として優れた西川材をブランド化することで付加価値を与え、全国にその名をアピールする。
 新年度はシステムの見学会などを開催し、その効果をPRする方針。