ID : 2927
公開日 : 2007年 3月 2日
タイトル
木の家の良さ学ぼう 「すまいをトーク」講義と現地学習2本立て…大阪
.
新聞名
読売新聞
.
元URL.
http://osaka.yomiuri.co.jp/rakujyu/hint/rh70302a.htm
.
元urltop:
.
写真:
 
.
知っているようで知らない木造住宅の良さを学ぶ市民講座が4月、大阪で始まる。大阪や兵庫の建築関係者による「すまいをトーク」。伝統的な家造りだけでなく、耐震性や自然素材の活用など今日的な課題も考えていく。
(山畑洋二) 「木造建築ができるまで」を年間テーマに、「住まい作りの川上(材木を得る森)から川下(建築現場)まで」を講義と現地学習の2本立てで追う。講師は、1級建築士や大工、職業訓練指導員、森林組合の職員ら。古民家のメンテナンスや畳、左官などをテーマに行った昨年度講座に続く第2期だ。
 初回は4月22日午後1時からの現地学習。「木造住宅はどのようにしてつくられているのか」と題して、江戸後期の大阪の町を再現した「住まいのミュージアム・大阪くらしの今昔館」(大阪市北区)を見学。1級建築士の牧彰さんらの案内で日本の伝統家屋の特性や近代大阪の歴史や風俗、住まい方を学ぶ。
 2回目は「山を見て木をみる」(5月26日)。大阪府河内長野市の林業家、奥野壽一さんを講師に、「おおさか河内材」の杉林で間伐を体験学習し、府森林組合南河内支店の木材加工センター「ウッドベースかわちながの」も訪ねる。
 3回目は6月21日午後6時半から、大阪市中央区久太郎町のTOTOテクニカルセンター大阪で講義。自然素材をテーマに、「すまいをトーク」代表で、1級建築士小峠敏幸さん(大阪市都島区)が、シックハウスの原因物質を「低減した」とする接着剤や床材などへの疑問、自然素材のメリットだけでなく、使い勝手の悪さも理解することの大切さを語る。
 講座は来年3月まで月1回の計12回。現地学習はほかに、「町家の材木商・銘木商見学」「神戸レトロ・竹中大工道具館」「大工作業を体験しよう」。講義は「大工の技能と道具」「木造建築と技能の変遷」「間取り」「地震と建築」「高齢者にやさしいリフォーム」「古い家を守る」を予定している。
 小峠さんは「日本の気候風土に合った木造建築の良さを学んで、これからの住まい方のヒントを得る場にしたい」と話す。
 年会費1万2000円(12回)。1回だけの参加(一般1500円、学生1350円)もできる。申し込みは事務局の小峠さん(06・6356・1373)へ。