ID : 3072
公開日 : 2007年 3月16日
タイトル
高知県・市と四国銀が森づくりのパートナー協定
.
新聞名
日本経済新聞
.
元URL.
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20070315c6b1501p15.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
四国銀行と高知県、高知市は15日、高知県が進める森づくり事業のパートナー協定を結んだ。
 四国銀が出す協賛金500万円を活用して高知市内の森を整備、同行の行員は間伐などボランティア活動も実施する。同協定を県内に本社を置く企業が締結するのは初めて。期間も最長の10年とした。
 今回、「環境先進企業との協働の森づくり事業」の対象となるのは高知市鏡の57ヘクタールの森林。同行では、これまで有志が「四銀森林サークル」を作り森林整備を手掛けてきたが、今後はこの森林で活動する。
 橋本大二郎知事は「県内企業に森づくりへの関心が広がることを期待する」とあいさつ。
 四国銀行の青木章泰頭取は「森林は環境、生活面で重要だ。計り知れない価値がある」と述べた。
 同事業は2005年に始まり、11件の協定を結んでいる。期間は5年が最長だった。