ID : 3175
公開日 : 2007年 3月19日
タイトル
県、中庭住宅の寄付金で休憩施設整備-公渕公園
.
新聞名
神戸新聞
.
元URL.
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20070319000229
.
元urltop:
.
写真:
 
.
香川県は、住宅メーカー・中庭住宅(香川県高松市)からの寄付金を活用し、香川県高松市東植田町の公渕森林公園チビッコ広場に県産間伐材を使った休憩施設を整備。十九日、同所で完成式を行った。
 寄付金は昨年七月、同社が社会貢献活動の一環で百万円を贈呈。県は、広場で遊ぶ子供を見守る場所を確保するほか、間伐材利用の大切さを知ってもらおうと、さぬき市林業研究会の協力で休憩施設を整備した。
 休憩施設は、県産のヒノキとスギの間伐材を使用。高さ約三メートル、幅約四メートルの六角形で、魚をかたどった木製の鐘をつるしている。
 完成式には、青山県環境森林部長や同社の中庭護社長、東植田保育所の園児ら約三十人が出席。青山部長は「多くの県民に親しんでもらい、木の香りや温かさを感じてほしい」とあいさつした。
 早速、園児は鐘を鳴らすなどして施設を満喫。佐々木大成君(6つ)は「木の良い香りがした。また遊びに来たい」と笑顔で話した。