ID : 3263
公開日 : 2007年 3月27日
タイトル
ルネサスが香美市の森林整備へ 県などと協定
.
新聞名
高知新聞
.
元URL.
http://www.kochinews.co.jp/0703/070327headline07.htm
.
元urltop:
.
写真:
 
.
県内外の企業に森林整備を働き掛ける県の「環境先進企業との協働の森づくり事業」で、ルネサステクノロジ高知事業所(香南市香我美町徳王子、長尾真樹事業所長)は26日、県、香美市などとパートナーズ協定を結んだ=写真。
 同市香北町東山の同市有林と、同町川ノ内の香美郡殖林組合(香美市、香南市、南国市で構成)有林の計36ヘクタールを「ルネサスの森」と命名。19年度から5年間、計500万円をかけて整備を支援する。約1000人いる従業員らと地元住民との交流や、間伐材の利用などを進めていく。
 県庁での締結式で、長尾事業所長は「水を使う工場ということで、水源地に協力しようと植樹を行ってきた。今回の協定でも計画的に整備していきたい」とあいさつ。
 香美市の門脇槙夫市長(同組合長)は「物部川の濁水問題も山の荒廃が大きな原因。企業の協力は地元として非常にありがたい」と謝辞を述べた。
 同事業は二酸化炭素の吸収源である森林の整備を進めようと、県が17年度に創設。同社は13件目の協定となる。