ID : 3307
公開日 : 2007年 3月29日
タイトル
豪が東南アジアの森林保全策・日米などに協力呼びかけ
.
新聞名
日本経済新聞
.
元URL.
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070329AT2M2901Y29032007.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
オーストラリアのハワード首相は29日、温暖化対策の一環として東南アジアの森林保全に取り組むと発表した。「森林と気候に関するグローバル・イニシアチブ」として、各国での森林管理や開発、植林の技術向上や普及を目指す。初期費用として2億豪ドル(約183億円)を投じる。日米や世界銀行など国際機関にも参加を呼びかけ、世界規模での取り組みに広げていく。
 首相は「森林伐採は化石燃料に次ぐ温暖化ガスの発生要因だ」と指摘。「世界中で年間で16億本もの木が伐採されている」としたうえで「伐採量を半分にできれば京都議定書で豪州に課せられた削減義務の10倍の効果を上げられる」と森林保全の効果を強調した。
 首相は日米、インドネシアやニュージーランドのほか、英独やブラジルにも参加を要請。9月にシドニーで開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でも主要課題の一つに取り上げる。(