ID : 3351
公開日 : 2007年 4月 2日
タイトル
徳地「森林セラピー」 22日グランドオープンイベント
.
新聞名
サンデー山口
.
元URL.
http://www.sunday-yamaguchi.co.jp/news/2007/2007.04/01shinrin.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
森林浴で癒やし効果が得られるとして中国地方では唯一、林野庁から認定された徳地の大原湖周辺エリア「森林セラピー基地」では、07年度より一般来訪者の本格的な受け入れを開始。今月22日にグランドオープンイベントが開かれる。また、プレイベントとして3月18日に開かれた「森林セラピーウオーキング」では、森の案内人や一般参加者など総勢260人の参加があった。 グランドオープンイベントは午前9時半までに徳地船路の国立山口徳地青少年自然の家駐車場に集合。10時から徳地野谷の大原湖キャンプ場で、市長と市議会議長、ボランティアスタッフなどが参加しての記念式典が開催され、森の案内人認定式などが行われる。 その後、10時45分からは3会場に分かれて森林セラピー体験を実施。愛鳥林エリアの「自然散策コース」では、森の案内人と一緒に森の中を歩き、風の音や鳥の声を聞きながら森林浴をする。大原湖畔エリアの「健康増進コース」は、健康運動指導士が同行し、脈を計ったり歩行速度を調整しながらウオーキングを行う。長者ヶ原エリアで行われる「里山体験コース」は、同自然の家指導員と一緒に、森林を舞台に自然とふれあいながら遊ぶ“ネーチャーゲーム”をして楽しむ。 セラピー体験後、昼食で「癒やしの森弁当(Aタイプ=おにぎりとおかず数品、Bタイプ=おにぎりとおかず1、2品)」を食べ、解散する。 参加費は弁当Aタイプの人が千円でBタイプの人が700円。申し込みは13日(金)までに市林業振興課(TEL0835-52-1122)へ。