ID : 3533
公開日 : 2007年 4月16日
タイトル
スギ花粉食品に表示指導へ=重篤症状引き起こした問題で-厚労省
.
新聞名
時事通信社
.
元URL.
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007041600692
.
元urltop:
.
写真:
 
.
和歌山県で今年2月、スギ花粉入り健康食品「パピラ」を飲んだ女性が一時意識不明になった問題で、厚生労働省は16日、スギ花粉入りのすべての食品に「スギ花粉症の人が摂取すると重篤なアレルギー症状を引き起こす」と表示するよう販売業者に指導することを決めた。 花粉症歴がある和歌山県の40代女性は2月下旬、パピラを飲み全身にじんましんが出て一時意識不明になった。 業者は「花粉症の緩和や治療に効く」として販売。しかし、医薬品ではないのに効能・効果をうたったとして、同省から薬事法違反を指摘され販売を中止していた。