ID : 3547
公開日 : 2007年 4月17日
タイトル
緑の募金と「美しい森林づくり」に協力を 安倍総理に緑の羽根と国産の木製バットをプレゼント
.
新聞名
EICネット
.
元URL.
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=15781&oversea=0
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 日本さくらの女王の三木朋子さんとさくらのプリンセスのの岡優美子さん、国産材利用の拡大をめざす「木づかい運動」応援団団長でプロ野球マスターズリーグ委員会議長の大沢啓二さんの3名が平成19年4月13日、安倍首相を表敬訪問した。  日本さくらの女王とさくらのプリンセスの訪問は、「みどりの月間(注1)」の期間中、全国各地で行われる緑の募金運動の広報活動「緑の羽根着用キャンペーン」の一環。 「緑の募金」は「緑の募金による森林整備等の推進に関する法律(緑の募金法)」に基づき、国土緑化推進機構や各都道府県緑化推進委員会が主催している募金。昭和25年から実施されてきた国土緑化募金「緑の羽根募金」を平成7年に法制化した。 17年度の緑の募金による全国の募金総額は約24億円で、地球温暖化防止や水源林整備目的の植林、森林ボランティアによる森林づくり活動を支援している。 また大沢啓二さんの訪問は、安倍首相の閣僚懇談会での指示を受けスタートした運動「美しい森林づくり推進国民運動」のため、緑の募金運動とあわせて国産材の利用をアピールするためのもの。 安倍首相はさくらの女王から緑の羽根を着けてもらうとともに、大沢団長から国産の木製バットなどの贈呈を受けた。 大沢団長はバットの贈呈の際に「総理、乾坤一擲(けんこんいってき。運命をかけて大勝負をすること)ということで政治のホームランをかっ飛ばしてください。是非、美しい日本をよろしく」と挨拶。安倍首相は「ありがとうございます。何本でも打ちたいと思いますから」と応じていた。【首相官邸】
(注1)07年から「みどりの日」が5月4日に移行するにあたり、「みどりの日」についての国民の関心と理解を促すために設置された月間。4月15日から5月14日まで。「みどりの日」の趣旨にもとづき、自然に親しみ、その恩恵に感謝する心をはぐくむことを目的としたイベントなどが全国で開催される予定になっている。