ID : 3763
公開日 : 2007年 5月11日
タイトル
森林保護に「木」づかいを
.
新聞名
タウンニュース
.
元URL.
http://www.townnews.co.jp/020area_page/02_fri/02_atsu/2007_2/05_11/atsu_top1.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
神奈川県県央地域県政総合センターでは、県産木材の良さを知ってもらおうと、5月15日から18日まで厚木合同庁舎で『かながわ県産木材フェア』を開催する。水源環境保全・再生のために適度な森林の間伐が必要なためで、住宅建築やリフォームに県産材の使用を提案していく。
 神奈川県では、今年4月から“水源税”を導入するなど、水源環境の保全・再生に積極的に取り組んでいる。今回のフェアは、地元の木を住宅建築やリフォームなどに活かし、緑豊かな森林を守るライフスタイルを提案することを目的としたもの。
県産木材でのリフォーム事例も
 期間中は、専門家による県産木材を使った住宅建築やリフォームの提案、家具・建具の展示即売が行われる。また、野菜や鶏卵など地場産品販売、毎日先着50名にプレゼントなどのイベントも企画されている。さらに、県産木材でリフォームした合同庁舎の玄関ホール・食堂棟をモデルにして、施工日数、総工費、内訳を公開するほか、スギ材・ヒノキ材の違いを見てとることができる。
 時間は午前10時から午後3時まで(15日は午後1時から)、入場無料。
 問い合わせは神奈川県県央地域県政総合センター森林課、電話046(224)1111内線(2420)まで。