ID : 3998
公開日 : 2007年 6月 4日
タイトル
コカウエストが森林保全協定
.
新聞名
山陰中央新報
.
元URL.
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=406676006
.
元urltop:
.
写真:
 
.
コカ・コーラウエストホールディングス(福岡市東区)は四日、鳥取県伯耆町金屋谷の森林保全と管理に取り組む協定書に調印した。同社は県が推進する「とっとり共生の森」育成支援事業に参画し、森林を守り育てて水資源保全に取り組む。
 同社は二〇〇三年から、同町金屋谷でミネラルウオーター製造工場を操業。活動予定地は工場に隣接する約五万四千平方メートルで、社員らが十年間の保全活動を計画している。
 とっとり花回廊(南部町鶴田)であった調印式には、同社の末吉紀雄CEO(最高経営責任者)、平井伸治知事、住田圭成伯耆町長ら八人が出席した。
 平井知事は「活動は森を守る原動力になる。未来に向け継承してほしい」とあいさつ。末吉CEOは「水はかけがえのない資産。工場の操業と共に、森を守るのが夢だった」と抱負を述べた。
 同社は年に一、二回程度、間伐や枝打ちの森林整備、作業歩道開設や木製ベンチ設置の環境整備を社員や家族、地元町民も参加して実施する。