ID : 4056
公開日 : 2007年 6月10日
タイトル
広がれ、森づくりの輪 本田技研の社員ら植林 寄居
.
新聞名
埼玉新聞
.
元URL.
http://www.saitama-np.co.jp/news06/11/18l.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
寄居町に自動車製造工場の建設を計画している本田技研工業と財団法人オイスカ、同町などは九日、「ホンダ寄居森林(もり)づくり」活動として、同町用土地区の町有地で植林を行った。
 地球温暖化防止や水源かん養林の保全が目的。同社が全国の各事業所ごとに行っている森林保全活動の一つ。社員ボランティアなどの参加で、今年から七年がかりで用土地区と桜沢地区の約十四ヘクタールに植林を進めていく。
 この日は、和光市にある同社和光ビルで募った社員ボランティアとその家族、オイスカ、町や埼玉県中央部森林組合などから約六十人が参加。標高約二百メートルの里山の傾斜地約〇・三ヘクタールに、「町の木」のヤマザクラをはじめ、モミジやカエデの苗木約三百本を植えた。
 自ら鍬を振るって植林を手伝った津久井幹雄町長は「町としても森づくりに協力していきたい」。本田技研の山下泰弘さんと内山秀治さんは「一人でも多くの社員に呼びかけ、森づくりの輪を広げて、地球温暖化防止などの意識を広げていきたい」と話していた。