ID : 4208
公開日 : 2007年 9月30日
タイトル
ヒノキ林で間伐や皮むき体験 大台・宮川小4年生
.
新聞名
中日新聞
.
元URL.
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20070701/CK2007070102028556.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
大台町茂原の宮川小学校四年生二十三人が二十九日、同校の裏山に広がるヒノキ林で、「小学生がつくる宮川の未来の森」をテーマに、間伐や皮むきなどの林業体験に汗を流した。
 野外体験教育などを手掛ける同町久豆のNPO「大杉谷自然学校」が協力。六月上旬には、手入れの行き届いた森林と怠った森林を見比べ、間伐が豊かな森林づくりに果たす役割を学んでいる。
 この日は、町内の林業家らからのこぎりの扱い方を学び、樹齢約三十年のヒノキ約二十本を切り倒した。さらに、竹製のへらで皮をむくと、白い木の表面が現れ、児童たちは「つるつるだ」「きれい」と歓声を上げた。
 十一月には間伐した木の搬出と加工、市場への出荷などを体験する。