ID : 4406
公開日 : 2007年 8月 5日
タイトル
『森林環境税』 生かしてます
.
新聞名
中日新聞
.
元URL.
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20070806/CK2007080602038995.html
.
元urltop:
.
写真:
 
.
県が本年度から導入した「森林環境税」を財源として実施する山間地の保水力を維持する水源林の間伐作業を始める記念式典が五日、白山市釜谷であった。谷本正憲県知事が、間伐スギに作業用のくさびを入れ、森林環境税の意義をアピールした。 (酒井健)
 現地は約三・三ヘクタールのスギの人工林で、樹齢三十-四十五年程度。植えられた当初は地元住民らが共同で手入れしていたが、住民の移転や高齢化で、間伐など森林の維持に必要な作業が困難になっているという。
 式典には谷本知事、角光雄白山市長、林業関係者ら約百二十人が出席。知事は「森林が持つ公益的機能を維持するため、森林環境税を活用し、水源林の維持を図っていきたい」とあいさつ。間伐するスギに作業用くさびを打ち込み、伐採作業を手伝った。また同市尾口小学校区みどりの少年団や公募で参加した県民がブナの苗木を植えた。
 県は同税を財源に、今後五年間で、水源地域の人工林約一万ヘクタールを整備する方針だ。