ID : 4430
公開日 : 2007年 8月 7日
タイトル
JTの植林/森林保全活動第4弾
.
新聞名
日経プレスリリース
.
元URL.
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=167095&lindID=5
.
元urltop:
.
写真:
 
.
鳥取県八頭郡智頭町の約23haを対象に、間伐や植林を中心とした森林保全活動を開始

 JT(社長;木村 宏 本社;東京都港区)は、自然環境保全の取り組みの一環として、鳥取県八頭郡智頭町において、2007年8月から5年間にわたり、約23haの森林を対象に「JTの森 智頭」として植林/森林保全活動を実施します。 本活動は、「JTの森」の活動として和歌山県田辺市中辺路町、山梨県北都留郡小菅村、高知県安芸郡奈半利町に続く国内第4弾であり、また、鳥取県の「とっとり共生の森」制度の事例としては6社目となります。
 「JTの森 智頭」のエリアは、水源涵養保安林に指定されており、鳥取市など県東部地域の重要な水源林となっています。このため、木々の生育の促進や豊かな下層植生の再生のほか、生態系保全や水源涵養など森林の有する多面的機能の向上を期待し、間伐や広葉樹の植林・育成等を実施する予定です。また、地元住民の方々等が当地を訪れた際の憩いの場となるよう、森林内からの間伐材を活用し、展望台や休憩小屋等を設置する予定です。 日常管理は智頭町森林組合に委託しますが、JT岡山支店では、支店管内の社員やその家族が参加し、地域住民の方々と協働して、地域との共生につながる取り組みを目指します。
 これに伴い、8月22日(水)に、鳥取県庁において、平井伸治鳥取県知事、織田洋智頭町長、小幡一衛 JT代表取締役副社長が出席し、「とっとり共生の森」森林保全・管理協定調印式を行います。(別紙参照)
 JTは、たばこ、医薬、食品事業を中心に事業活動を行っており、これら事業活動により生み出された製品をご利用いただくことで、お客様に一服、一息などの憩い、やすらぎを提供してきました。また、たばこ事業では、葉たばこ、紙等、食品事業では野菜、茶葉等の植物を中心とした自然由来の原材料を使用しており、自然の恵みによって当社の事業が成り立っています。このような当社の事業特性に鑑み、事業を支える自然への感謝と、企業の社会的責任の観点から、自然環境保全への取り組みとして、植林/森林保全活動を行うものです。
 JTは、今後も、健全で豊かな環境が将来の世代に引き継がれるよう、より良い環境の創造に向けた積極的な取り組みを進めていきます。