ID : 4493
公開日 : 2007年 8月20日
タイトル
三菱商事、バイオペレット製造販売事業へ進出
.
新聞名
知的財産特許ニュース
.
元URL.
http://www.ipnext.jp/news/index.php?id=1796
.
元urltop:
.
写真:
 
.
三菱商事は20日、バイオペレット(木質ペレット)の製造販売事業に進出すると発表した。すでに日田資源開発事業協同組合、大成木材と共同で新会社を設立。資本金は5,000万円。三菱商事が70%、日田資源開発と大成木材が15%ずつ出資した。国の交付金等の活用により、2008年1月の操業開始を目指す。 国内有数の林業集積地である大分県日田市に、年産25,000トンのペレット製造装置を導入し、主に石炭ボイラー混焼用のバイオペレットを製造・販売する。CO2排出量削減や再生可能エネルギーとしてバイオ燃料を必要とする需要家のニーズに応えるのが狙い。 バイオペレットは、粉砕・乾燥させたバイオマス原料を圧縮・成型した固形燃料。他の固形バイオマス燃料に比べてエネルギー密度が高く、粉砕性が良いことから、既存の石炭ボイラーでの混焼が可能になるという。 三菱商事では、北九州や西日本でバイオペレットの安定供給体制を構築するとともに、国内外で同様の事業を立ち上げていくという。