ID : 4706
公開日 : 2007年 9月13日
タイトル
トヨタ、フィリピンでの植林活動を開始
.
新聞名
カービュー
.
元URL.
http://www.carview.co.jp/news/0/51280/
.
元urltop:
.
写真:
 
.
 トヨタは、フィリピンのルソン島北部に位置するカガヤン州ペニャブランカ町(マニラから北へ約500km)にて、植林活動を実施すると発表した。
 トヨタでは、創立70周年の節目になる今年から、研究開発、モノづくり、社会貢献の3分野でサスティナビリティを追求する活動を強化。その活動の一環として、地球環境の改善の観点から、森林再生への取組みが益々重要になるとの認識に立ち、中国での活動に加えて、森林荒廃が深刻な問題になっているフィリピンにおいても植林活動を行うことが決定された。
 フィリピンの植林活動は、フィリピン環境資源省、ペニャブランカ町、環境NGOコンサベーション・インターナショナルとの共同プロジェクトで、2007年9月からの3年間で1772ヘクタールの土地に植林を行う予定だという。トヨタが中国での活動を通じ培った森林再生に関するノウハウや植林技術を提供することで、地域住民の生活と森林再生を両立させる仕組みづくりを目指す。具体的には、焚き木の採取や薪炭の生産のための伐採、焼畑などの森林荒廃の原因に対する対策として、焚き木採取用専用林の設置、さらには地域住民に対して、マンゴー・カカオなどの換金作物の植栽を促していく。
 なお、トヨタは、この植林活動のための資金として、1億7000万円を拠出。また、現地法人であるトヨタ・モーター・フィリピン(Toyota Motor Philippines Corporation)は、植林活動用の車両としてハイラックスを寄贈するという。