ID : 4731
公開日 : 2007年 9月16日
タイトル
茅野の「市民の森」 遊歩道に道標とベンチ
.
新聞名
長野日報
.
元URL.
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=8350
.
元urltop:
.
写真:
 
.
茅野市の市民団体「市民の森を創(つく)る会」(野沢仁三郎会長)は16日、「市民の森」として整備を進めている吉田山(標高1146メートル)の駐車場で、道標とベンチづくりの作業を行った。会員約15人が参加し、1周4.6キロの遊歩道上にそれぞれ設置した。
 「市民の森」は、幅広い年代の人が山に親しめる場に―と茅野市が吉田山を対象にした構想を示し、市里山審議会が昨年12月に「市民活動の場としてふさわしい」として答申。市ふれあい里山づくり条例に基づき、市民の森に指定した。これまでに見学会を実施して活用方法を考え、10月末のオープンに向けて整備を進めている。
 会員たちは、カラマツの間伐材を用いて、かんなをかけたり、大きな釘で丸太と板を固定して3人掛けのベンチ13基を製作した。事前に用意してあった山の頂上や、遊歩道上にある池、展望台などの場所を知らせる道標15基と合わせて、それぞれの場所に設置した。
 10月27日にオープンする予定。一般市民にも広く参加を呼びかけて午前9時からセレモニーを行い、マユミやコブシ、オオモミジの植樹などを行う計画だ。